住宅ローンは離婚しても連帯債務が

誰も離婚をすることを意識して、結婚するわけではないですが、その時がある可能性はあります。
そこで問題となるのが、住宅ローンなどの連帯債務になります。
どうしても離婚をする時にはすべての財産を分けることになります。
結婚前に築いた財産であれば不要ではありますが、婚姻後に蓄積させた財産は原則的に半分にします。
しかし、負債に関しても半分にしないといけないこともあります。
その一つが住宅ローンになります。
離婚をする場合は、これがなかなか難しい問題になります。
住宅ローンがないのであれば問題はないですが、まだ残債があるならば、それも半分にすることになります。
また、場合によっては交渉次第で一人は抜けることができる時もあります。
連帯債務があるからこそ、金融機関の審査に通った、ということもあります。
つまりは、連帯債務であるのが契約の一つでもあるわけです。
ですから、外そうとしてもまずは相手の許可が必要になります。
契約である以上は仕方ないことですから、まずは交渉するべきです。
或いは他の保証人をつれてくる、ということが求められる場合もあります。
保証会社という手もありますが、要するに相手次第であることには違いはないです。