住宅ローンにかかる費用

住宅ローンを契約するときは金利プランや返済計画のことで頭が一杯でその他の費用に頭がまわらないかもしれません。
住宅ローンは契約にあたって様々な費用がかかります。
思わぬ出費に慌てないように事前に確認しておきましょう。
まず、住宅ローンを契約するときは金融機関と消費貸借契約書を交わす必要があります。
この契約書に貼る印紙代を用意しなければなりません。
印紙代は借入金額が1,000万円以上5,000万円以下の場合は20,000円です。
また、金融機関によっては融資事務手数料を取る場合があります。
手数料は大体3万円から5万円くらいとなっています。
さらに、抵当権設定登記費用もかかります。
こちらは借入金額の0.4パーセントになり、例えば3,000万円を借りたら12万円払います。
もっとも登記費用は一定の場合は特例が適用され借入金額の0.1パーセントに減額されます。
なお、抵当権設定登記は複雑な手続なので自分で行うのは困難です。
このため、司法書士に払う報酬も必要です。
司法書士によりますが報酬は3万円から10万円程度となっています。
登記費用関係だけで10万円以上かかるので結構な出費になります。
このほかに、金融機関によっては住宅ローン保証料を取られる場合があります。