住宅ローンと年末調整について

家族にとって夢のマイホーム、しかし現金で一括払いして購入できる人は限られています。
多くは住宅ローンを組んで、何十年かかけて返済して手に入れるパターンになるでしょう。
そしてこの時に知っておきたいのが、住宅ローンは税金の控除のひとつになっているので、年末調整に気を付けることが大事です。
年末調整とは一年の間の給与所得者に対して、支払った給与や源泉所得税についてその過不足を調整する仕組みになっています。
住宅ローンというのは高額の支払いになるので、年末調整を行うことで支払う税金が考慮されて、一部が戻ってくることがあります。
一般的にサラリーマンや公務員の場合はしっかりと計算されているので、それほど大きな額が戻ってくることはありません。
しかし自営業や個人事業主、フリーランスなどの場合は年末調整をすることで、状況によってはかなりの額が戻ってくるので行うことがおすすめです。
税金は支払う義務がありますが、払い過ぎる必要はありませんので、やるべきことをしっかりとやって不要な分は回収しましょう。
これはそれぞれに与えられた権利であり、多少の手間はかかりますがやって損はないものとなっていますので、行ってみてください。