投稿者「rankup」のアーカイブ

住宅ローンと年末調整について

家族にとって夢のマイホーム、しかし現金で一括払いして購入できる人は限られています。
多くは住宅ローンを組んで、何十年かかけて返済して手に入れるパターンになるでしょう。
そしてこの時に知っておきたいのが、住宅ローンは税金の控除のひとつになっているので、年末調整に気を付けることが大事です。
年末調整とは一年の間の給与所得者に対して、支払った給与や源泉所得税についてその過不足を調整する仕組みになっています。
住宅ローンというのは高額の支払いになるので、年末調整を行うことで支払う税金が考慮されて、一部が戻ってくることがあります。
一般的にサラリーマンや公務員の場合はしっかりと計算されているので、それほど大きな額が戻ってくることはありません。
しかし自営業や個人事業主、フリーランスなどの場合は年末調整をすることで、状況によってはかなりの額が戻ってくるので行うことがおすすめです。
税金は支払う義務がありますが、払い過ぎる必要はありませんので、やるべきことをしっかりとやって不要な分は回収しましょう。
これはそれぞれに与えられた権利であり、多少の手間はかかりますがやって損はないものとなっていますので、行ってみてください。

住宅ローンにかかる費用

住宅ローンを契約するときは金利プランや返済計画のことで頭が一杯でその他の費用に頭がまわらないかもしれません。
住宅ローンは契約にあたって様々な費用がかかります。
思わぬ出費に慌てないように事前に確認しておきましょう。
まず、住宅ローンを契約するときは金融機関と消費貸借契約書を交わす必要があります。
この契約書に貼る印紙代を用意しなければなりません。
印紙代は借入金額が1,000万円以上5,000万円以下の場合は20,000円です。
また、金融機関によっては融資事務手数料を取る場合があります。
手数料は大体3万円から5万円くらいとなっています。
さらに、抵当権設定登記費用もかかります。
こちらは借入金額の0.4パーセントになり、例えば3,000万円を借りたら12万円払います。
もっとも登記費用は一定の場合は特例が適用され借入金額の0.1パーセントに減額されます。
なお、抵当権設定登記は複雑な手続なので自分で行うのは困難です。
このため、司法書士に払う報酬も必要です。
司法書士によりますが報酬は3万円から10万円程度となっています。
登記費用関係だけで10万円以上かかるので結構な出費になります。
このほかに、金融機関によっては住宅ローン保証料を取られる場合があります。

高値でマンション売却するためのリフォームテクニック

所有するマンションを売却する場合に売り手は、できるだけ高値で買ってもらいたいと考えます。
しかし、老朽化が進んでいるマンション物件では、高値での売却が難しいです。
高値でのマンション売却を目指すなら、リフォームという手段もあります。
リフォームは、住宅の傷んでしまった部分を修復したり、改良を加える施工です。
そのままではマンション売却価格が低い物件でも、修復の方法次第では格段に売却できる額が上がります。
ただしリフォームは、確実にマンション売却額を高められる保証を持ったものではありません。
場合によっては、工事に費やした費用分を回収できない場合もあります。
無計画に施工するよりは、きちんとリフォームすべきポイントを押えた上で、必要最小限の改修を行うのが効果的です。
例えば壁紙の張り替え工事は、マンション売却の価格額を高めつつも、施工費用が抑えられる手段です。
古くなったマンションは、壁紙が所々で傷んでいて見た目に悪いため、高値での売却が難しいです。
そこで壁紙を新しいものにするだけでも、見違えたように新しい外観に変わります。
改修による費用を抑えるなら、DIYで壁紙リフォームを行うのも、有効な節約手段です。

マンション売却は仲介手数料を値引きしている所がお得です

マンション売却をすれば不要なマンションを業者に渡しつつ、お金を受け取る事が出来てとてもお得ですが、マンション売却をする時には買取価格に気をつけるようにすると、更に得をする事が出来ます。
マンション売却サービスを行っている所は沢山あるとはいえ、買取価格を決めるのはそれぞれ査定をする方なので、査定価格にも必ず差が出ます。
高額で査定をして貰う事が出来れば受け取る事が出来るお金が増えますが、逆に査定価格が低ければ損をします。
この為、高額売却をする為に査定価格の比較ばかりをする方が多いですが、仲介手数料にも気をつけるとより高額で売却出来ます。
仲介手数料とは、仲介業者に支払う手数料の事を言います。
マンション売却サービスを利用すると、仲介業者に手続き等を済ませて貰う事になる為、どうしても仲介手数料が発生します。
この分だけ費用が発生して、高額売却が出来ても差し引かれるような物なので、損をする事になります。
しかし、この仲介手数料を値引きしている所もあります。
値引きしている所なら差し引かれる手数料の金額も高額にならないので、その分だけお得に売却する事が可能です。
高額売却をして仲介手数料も値引きされていれば凄い得をするので、気を付けましょう。

住宅ローンの融資までの流れを把握して快適な住宅購入を

マンションや一戸建て購入の際には現金一括で購入できるような方はそうはいないと言え、相当なお金持ちでもない限り住宅ローンなどを検討する事でしょう。
住宅ローンにおいては大金を借りる事になりますので、金利においてもなるべく低い所を利用する必要があるため銀行融資などを選択される場合もあるかもしれません。
消費者金融のように即日で融資してもらえるようなものではなく、返済能力においても十分な審査が行われる事は覚悟しておかなければならないと言えます。
流れとしては仮審査と本審査がある事は十分に把握しておいたほうが良いと言え、この流れの中で住宅における購入準備や一戸建てを建てる際の契約などを進めていく事になるでしょう。
流れの中で、仮審査を通過した段階で契約事が徐々に進められていく可能性があると言えます。
しかし、不動産業者などによって異なる点もあるかもしれませんので、住宅ローンを利用する際には流れをしっかりと聞いておいた方が良いです。
実際に審査に通過したとしても融資までに時間を要する可能性もあり、契約の段階で支払うような費用に関する現金は準備しておいた方が良いかもしれません。
何度も経験する事でない場合もあると言えますので、十分に流れを把握しておくと良いでしょう。

住宅ローンの分割融資ってなんだろう?

住宅ローンに関連して使われる分割融資は、通常つなぎローンのことを意味しています。
つなぎ融資とは、銀行に住宅ローンを申し込んでから、審査の結果が出るまでの間に、あくまでも「つなぎ」として融資されるお金のことを意味します。
銀行の審査には数日から数週間の時間がかかります。
その間にマイホーム用の土地を購入したり、住宅建設会社に手付金を支払ったりするために資金が必要となることから、このような仕組みができあがりました。
結果として住宅ローンを何回かに小分けして融資が行われることになるため、分割融資と呼ばれています。
銀行で利用できる分割融資は、その銀行で住宅ローンの申し込みを行っている人に限られます。
他所の銀行の住宅ローンに申し込みをしている人が、別の金融機関から分割融資を受けることはできません。
その他の条件として、多くの銀行では団体信用生命保険への加入も義務付けています。
銀行から融資を受ける場合、団体信用生命保険への加入は任意となっていますが、分割融資を受けたければ加入しなくてはならないことが多くなります。
また、借り入れたお金の使い途も、厳しく制限されています。
土地の売買代金や手数料、建設着工金の支払などに限定されます。

相続が発生した際には不動産査定で価値を把握するのが大事

相続が発生した際に何かと問題が生じやすいのが相続財産のなかに不動産が含まれている場合です。
不動産というものは現金などのようにたやすく分割することが不可能なうえ、非常に高額な財産であることから相続人が複数人いる場合にはその取り扱いについて意見が分かれやすく、ときには争いにまで発展してしまうことも珍しくはありません。
そのため、相続財産のなかに不動産が含まれている場合の対処方法としては、一度不動産査定をして不動産の価値をしっかりと把握しておくことです。
不動産というものは価格の変動も頻繁にあるうえに素人ではその価値を判断することはできません。
そのため、業者に依頼をして不動産査定をするのが一番なのです。
不動産査定によって不動産の価値を把握できれば相続人たちそれぞれが納得のいく遺産の分配をすることができるようになるからです。
具体的には不動産を受け継いだ人物がその対価として他の人たちに金銭を支払う形にすれば争いに発展してしまう可能性は低くなります。
また、遺産を受け継いだ際にはその価格に応じて課税されることになりますが、不動産査定によってその価値が把握できていれば税金の申告をする際にも戸惑うことなくスムーズに申告の手続きを完了されることが可能になります。

住宅ローンは離婚しても連帯債務が

誰も離婚をすることを意識して、結婚するわけではないですが、その時がある可能性はあります。
そこで問題となるのが、住宅ローンなどの連帯債務になります。
どうしても離婚をする時にはすべての財産を分けることになります。
結婚前に築いた財産であれば不要ではありますが、婚姻後に蓄積させた財産は原則的に半分にします。
しかし、負債に関しても半分にしないといけないこともあります。
その一つが住宅ローンになります。
離婚をする場合は、これがなかなか難しい問題になります。
住宅ローンがないのであれば問題はないですが、まだ残債があるならば、それも半分にすることになります。
また、場合によっては交渉次第で一人は抜けることができる時もあります。
連帯債務があるからこそ、金融機関の審査に通った、ということもあります。
つまりは、連帯債務であるのが契約の一つでもあるわけです。
ですから、外そうとしてもまずは相手の許可が必要になります。
契約である以上は仕方ないことですから、まずは交渉するべきです。
或いは他の保証人をつれてくる、ということが求められる場合もあります。
保証会社という手もありますが、要するに相手次第であることには違いはないです。

住宅ローンの審査に通らないのはなぜ?

マイホームを買いたいので住宅ローンを利用したいけれど、審査に通らなくて困っているという人もいるかもしれません。
住宅ローンの審査に通らない理由は色々考えられます。
まず、収入や勤務先などが銀行の基準に達していなかったということが考えられます。
低収入の人にお金を貸せば貸し倒れのリスクが高まりますからやむを得ません。
収入のアップに務めましょう。
勤務先がいつ倒産するかわからないところだという場合も、将来的に無収入になって貸し倒れが発生する危険性があるので銀行は嫌がります。
あまり不安定な勤務先ならば転職を視野に入れても良いかもしれません。
また、過去に借金を滞納したことがあるので信用情報に問題があって審査に通らないこともあります。
不安のある人は自分の信用情報を信用情報機関に照会してみましょう。
信用情報の中に移動という言葉があったら要注意です。
この場合はブラックリストに載っていると考えて間違いないです。
住宅ローンの審査にはほぼ通らないです。
もっとも、信用情報は一定の期間が過ぎると抹消されます。
この期間は大体5年程度と言われています。
移動と書かれた時から5年待って、住宅ローンの審査に再度チャレンジしてみましょう。

住宅ローンなら高額の物件も購入出来ます

高額の物件を購入する方法の中でも特に便利で、自分のペースで購入出来るようになるのが住宅ローンを利用するという方法です。
住宅ローンを利用すると、高額の住宅物件の支払いを分割にする事が可能になります。
分割にした支払いは、毎月決められた日に支払う事になり、支払った総額が住宅物件の価格になると、借金を返済した事になり、支払う必要が無くなります。
住宅ローンで分割払い出来る回数は自分で調整出来るので、長期間支払い続けても問題無いなら回数を増やしたり、ある程度分割すればすぐに支払いを済ませられるという方は回数を減らしたりと、自分に合わせて調整出来ます。
どれだけ高額の物件でもローンなら分割払いにして負担を抑えられるので、例え1億円以上の物件でも、分割払いの回数を増やしてしまえば負担を抑えて購入する事が出来るようになります。
1億円以上の物件は一般の方だと購入する機会は殆ど無いような物なので、このサービスはとても便利です。
1億円以上の住宅物件を分割払いで購入するとなると、手数料が高額になる可能性があるので、1億円に限らず、高額物件を購入する際には、手数料が安い所を選んで、費用をなるべく抑えるように注意しましょう。